忍者ブログ
ADMINWRITE
音楽(特にスキマスイッチ中心)や、日常の事など色々語るブログです。
[476]  [475]  [474]  [473]  [472]  [471]  [470]  [469]  [468]  [467]  [466
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



この度、レミオロメン(Vocal/Guitar)藤巻亮太が、
ソロ名義で新曲「光をあつめて」をリリースすることが決定致しましたので、ご報告
させて頂きます。

今年3月11日の東日本大震災後、現地での炊き出しやボランティア活動にも参加し、
ひたすら音楽と向き合い続けることで完成した「光をあつめて」。
誰もが未来や心に光を必要としている時代、小さくても、一人一人があつめた光を誰
かとわけあっていけたら…という繋がりをテーマにした楽曲です。

ap bank Fund for Japanの活動の一つ、
被災地の学校を中心にライブを行う“歌の炊き出し”では、これまでずっと歌い続けて
きた「光をあつめて」が、
ソロデビューシングルとして2012年2月29日(水)リリースが決定致しました。
1月12日(木)には先行配信もスタート致します。
今後の、藤巻亮太の活動にご注目ください。

どうぞ宜しくお願い致します。

◎藤巻亮太からのコメント

去年バンド結成10周年の節目を迎え、11年目の春、震災の大きな衝撃とともに、2011年は音楽について深く考える年になりました。
そしてそれは自分自身、一人のシンガーソングライターとしての自覚の目覚めになりました。
一番最初に曲を作った時、心に光が差し込んだ感触。
そして音楽を続けていく中で、音楽の光を多くの人と共有できた喜び。
もう一度、新たな気持ちで音楽と向き合いたいという想いから「光をあつめて」という曲が生まれました。
バンドでしか描けない世界観があります、そしてソロでこそ描ける世界観もあります。
お互いがお互いにいい影響を及ぼし合って、音楽の更なる高みへ昇っていけたらと思っています。
バンドでの活動はお待たせすることになりますが、応援して頂いたみなさんへの感謝の想いを胸に、ソロ活動の第一歩を踏み出したいと思います。
(以上、Webより引用)

 
 しかも、デビュー11周年の日に発表がありました。シングルは、昨年7月にリリースした「立つんだジョー」を最後にリリースがなく、(Your SongはCDブックとして扱われた為、シングル扱いなし)ライブアルバムをリリースしたきりで、東日本大震災でのチャリティーライブ以外は特に目立った活動やメディア出演もありませんでした。特に今年は東日本大震災の炊き出し等のボランティア活動が中心の年となりました。時期からみて、4年前にスキマスイッチの卓弥君がソロ活動の発表した事を思い出しました。その時も「スキマスイッチはどうなってしまうんだ」という不安ばかりが募りましたが、今回も同じです。レミオロメンとしては活動休止の発表はないが、来年は事実上活動休止の1年となりそうです。スキマスイッチもソロ活動を得て、グレードアップして再始動した訳だし、レミオロメンもどんな形で戻ってくるかに期待もしてます。夏にはコブクロも活動休止してしまい、好きなグループの活動休止が相次いでいますが、一日でも早い復帰を祈ってます。
 

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
スカーred
性別:
女性
職業:
フリーター
趣味:
音楽、パソコン、ショッピング、機械いじり
自己紹介:
とにかく音楽とパソコンが生きがいです。
最近、Twitterも始めました。
(@guaranared)
関西のフリーイベントには多数参加。
FM802リスナー

好きなアーチスト

スキマスイッチ
レミオロメン
コブクロ
秦基博
Mr.children

AMAZON
TOYOTA
最新コメント
[01/15 aki]
[05/12 パピコ]
[05/08 yukku-hime]
[05/08 ほの]
[05/07 sato]
スキマスイッチ
福耳 DANCE BABY DANCE/夏はこれからだ!」
10th Anniversary Songs~Tribute to COIL~
ブログ内検索
アーカイブ
バーコード

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ 赤い日記帳 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]