忍者ブログ
ADMINWRITE
音楽(特にスキマスイッチ中心)や、日常の事など色々語るブログです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



去る1月27日、大阪城公園の特設広場(城天)でTHE BAWDIESのフリーライブに行ってきました。
週末から大寒波に見舞われ、小雪がチラついてたが、ライブが始まる頃には天気も回復しました。
城天の通路は柵が張っており、特設ステージがありました。
待つこと一時間、MUSIC EDGEの公開収録って事でまずステージにUKさんとジョンさんが登場。ここで観客のみなさんに質問が。どこから来ました?という事で、大阪や兵庫などの近畿圏が大半を占める中、広島や九州、北は北海道から遠征して来られたお客様もいてて、司会のお二人は驚いた様子でした。トークタイムが終わり、「THE BAWDIESの登場です!!」の一言で「SOUL MAN」がバックに流れ、BAWDIESの4人がステージに登場。そしてライブが始まります。
セットリストは下記の通りです。

1.IT'S TOO LATE
2.ROCK ME BABY
3.SING YOUR SONG
4.LEMONADE
5.1-2-3
6.HOTDOG
アンコール
7.KEEP ON ROCKIN’

1曲目からモッシュ&ジャンピングの嵐でモミクチャ状態に。2曲目でRoyのマイクが途中で入らなくなるという音声トラブルが発生!!それを支える様にファン全員で大合唱となりました。
MCではツアーのお話になり、「ファイナルはすぐ近くのあそこ(大阪城ホールを指さし)でライブをやる事が決定しました!」との一言に大歓声が。なぜファイナルを大阪にしたのかをRoyさんはインディーズ時代に大阪で初めてライブをやったときにお客さんの反応が悪く、ライブは自分をさらけ出してやるものだと実感しました、大阪の観客にライブの楽しみ方を教えてもらったって事を話してしました。彼らにとって大阪に思い入れが強いって事がわかりました。6曲目で大盛り上がりの後、ステージを履けようとしたらアンコールの嵐が!!「もしかして、ロックンロールがまだ足りないか?(お客さんの反応に)わかった!もう少しやります!」の声にアンコール曲がスタート!!「ありがとう!!またあそこ(大阪城ホール)で会いましょう!!」の一言で4人はステージを去りました。これでフリーライブは終了です。そして余韻が残る中、UKさんとジョンさんが再びステージに登場。「Bawdiesのライブ、楽しんでいただけましたでしょうか?」の声に大声援が上がります。そしてこの模様は2月4日のMUSIC EDGEで放送されると予告。関西地区限定放送って事でもあってYoutubeのUPしないでくださいとの事でした。
「人間いろんな感情がありますよね。悲しいこと、嬉しいこと、悔しいこと・・・そんなどうしようもなく表に出てしまったこの感情の爆発こそがロックンロールなんですよ」はROYさんの名セリフになりそうです。ここ数年邦楽のヒットチャートはアイドルやアニソンに押され気味ですが、そろそろ邦ロックが見直されていいんじゃないかと思います。このライブをきっかけに彼らが大ブレイクしてくれる事を祈ります。

PR


Mr.Childrenが、本日でデビュー20周年を迎えました。
その20周年記念ライブが京セラドームで行われ、WOWOWで生中継され、大成功を収めました。
ベストアルバム「Macro」と「Micro」が同時発売され、初回盤がAmazonの通販で品薄状態が続く位の人気です。
1992年にメジャーデビューを果たし、1993年に発売された「CROSS ROAD」がドラマの主題歌に起用され、初のミリオンセラーを達成、ブレイクのきっかけとなりました。その後、Inncent Worldが年間CD売上1位となり、90年代中盤までミリオンセラーを連発し、今や日本のアーチスト別売上ではB'zに続いて2位となり、日本を代表するアーチストとなりました。1997年には活動休止をしたり、2002年はボーカルの桜井さんが小脳梗塞を患い2度目の活動休止に追い込まれたり、1994年にレコード大賞をドタキャンするなどのお騒がせもありましたが、今年で20年目となりました。
一時期紅白を最後にTVやラジオの出演が途絶えたり、シングルのリリースが全くなくてファンにとってはとても寂しい思いをした時期もありましたが、今年はデビュー20周年という節目の年であり、3年半ぶりにシングルをリリースしたり、TV番組の出演も頻繁に行われて、非常に活動が活発です。来年にはアルバムも発売されると発表があり、今後の活動がますます楽しみになりました。ここ最近イマイチ元気がなかった日本の音楽界が活気づいた様な気がします。今後の活動にも期待しております。だって、彼らは日本の音楽界にはなくてはいけないアーチストですから。


ミクスチャーバンドDragon AshのベーシストでIKUZONEこと馬場育三さんが4月21日に急性心不全の為、お亡くなりになりました。享年46歳。馬場さんは、’98年にkjこと降谷建志さんと桜井誠さんと3人でDragon Ashとしてメジャーデビュー、翌年にはアルバムがミリオンセラーを記録するなどミクスチャーバンドブームの火付け役となりました。馬場さんが亡くなる前日の20日を最後にTwitterのツイートが途絶えてしまい、「最近馬場さんのTweetがないなあ」と思ってた矢先でした。46歳といえばまだまだ若い歳です。Dragon Ashの初期メンバーで最年長でもあり、10年以上にわたってバンドを引っ張っていた存在だけあって、本当に残念です。ご冥福をお祈りします。
192597.jpg

今年でデビュー10周年を迎えた森山直太郎さんのライブに参加しました。
3月31日に阪急西宮ガーデンズで開催されました。
当日は季節の変わり目による悪天候で大雨が降ったり晴れたりの繰り返しの天気でした。
開演1時間前から客席で待機してたが2度も豪雨にやられ、ライブ中止のピンチに見舞われたが、15分遅れの開始となりました。雨でステージがビチョビチョの状態の中、森山直太郎がステージに登場。拍手を声援が響きます。
「今日はお足下が悪い中、ライブに来てくれてありがとうございます」の一言から始まり、ライブのスタートです。
セットリストは下記の通りです。

1.ねぇ、マーシー
2.愛の比喩
3.フォークは僕に優しく語りかけてくる友達
4.青い朝

すべて、「素敵なサムシング」からの曲となりました。森山さんは「最初、雨が降ってたけど、テントの中で今日は晴れる!!と思ってたら見事に晴れました」と言ってました。
雨の中、待ち続けた甲斐がありました。
ライブが終わったら、アルバム予約した方のみ参加できる「目くばせ会」です。
イベントの準備中、特設ブースでアルバムを予約し、イベント参加券をゲット。かなりの行列が出来てました。ようやく私の番がまわってきて、森山さんと「目で会話」した上、握手までしてもらい、肩をポンとされました。森山さん、すごくやさしい人でした。でもさすがデビュー10年目の貫録がありましたね。私の番が終わった途端、雲行きが怪しくなり再び豪雨に。途中で会場にテントが張られて、雨の中で森山さんは多数のお客様と目の会話をしてました。
当日は悪天候で大変でしたが、レインコートを無料配布したりとスタッフの対応が非常によかったです。森山さんもスタッフも雨の中、本当にご苦労様でした。あ、そう言えば、まだCD取に行ってなかったな。早く取りにいかなくちゃ。


レミオロメンが2月1日、公式HPで活動休止する事を発表しました。ボーカルの藤巻君のソロデビューを目前に控えた矢先の事でした。
内容のコメントはコチラです。
info120201_04.jpg
2003年にメジャーデビューし、2004年にリリースした「3月9日」がロングセラーとなり、卒業式ソングの定番となりました。そして2005年にドラマの挿入歌であった「粉雪」は90万枚以上のヒットを飛ばし、デビュー3年目でブレイクしました。デビューもブレイクしたのも同時期であるスキマスイッチとはライバル視されてたが、ここ数年はライブ活動が中心になりました。

スキマスイッチとほぼ同時期にハマった私にとっては何とも言い難い位のショックです。粉雪以降、ここ数年ヒット曲にも恵まれず、2009年にエイベックスに移籍したり、10周年企画として通販限定のベストアルバムをリリースしたり、昨年は「Your Song」をCDブックとしてリリースしたが、かつての勢いは取り戻す事が出来ませんでした。昨年12月に藤巻君のソロデビューが発表されたが、あれは活動休止の定石だったと感じられます。昨年からコブクロ、毛皮のマリーズ、ロッカトレンチ、年明けには東京事変l、ドーピングパンダとバンドやグループの解散や活動休止が相次いでたが、次はレミオロメンかよと思いました。サザン、チャゲアス、ウルフルズ、宇多田ヒカルとこれだけ大物アーチストの活動休止や解散が相次いでいる所から今の日本の音楽シーンを象徴している様な気がします。AKBやジャニーズ等アイドルにランキングを占領されてしまった結果、大物ミュージシャンがドンドン隅に追いやられている様な気がします。彩香さんが2年ぶりに復活し、ミスチルも3年半ぶりにシングルを、10年ぶりにアルバムをリリースする等日本の音楽界もようやく明るい兆しが見え始めた矢先の出来事です。偽物が廃れ、本物が認められる世の中になる日が一日でも早く来る様に祈ってます。とにかくレミオロメンが1日でも早く3人揃って復活するのを待っています。





42xcW.jpg

昨年の12月3日と今月7日に梅田NU茶屋町店コリドールで行われた風味堂のフリーライブに参加しました。
12月3日のセットリスト

01.World is Beautiful Life is Wonderful
02.車窓
03.LAST SONG
04.メリークリスマス、、、。
05.エクスタシー
06.宝物

1月7日のセットリスト

01.眠れぬ夜のひとりごと
02.エクスタシー
03.ママのピアノ
04.愛してる
05.Dream Climber
06.大切にするからね

いずれも開演ギリギリに到着した為、後方のポジションとなってしまい、ステージの様子が全く見えない状態でした。セットリストは、1月7日はベストアルバムって事でシングル曲が中心でした。ナキムシの歌が聞きたかったな。(翌日の西宮ガーデンシティと翌々日のあべのキューズモールでのフリーライブでは歌われたが。12月3日はライブと握手会に参加したが、1月7日はイベント参加券の配布が終了してた為、ライブのみの参加となりました。でも、どちらも6曲も披露してくれてよかったです。梅田NU茶屋町のアースカフェでは風味堂のコラボ商品もあり、お茶したかったが一時間待ちだったので、風味堂コラボギフトをお土産に買って帰りました。風味堂のクリスマス&あけおめポストカードが付いていました。ポストカードだけ抜いて、お菓子は翌日遊びに来た姪へプレゼントしました。ベストアルバムは買わなかったが、先月買ったシングル「宝物」はサインが入って本物の宝物になりました。風味堂のみなさん、怒涛の関西3Daysのキャンペーンお疲れ様でした。一昨年に無期限活動休止となった時はショックでしたが、一年で復活出来て本当によかったです。これからも応援していきたいのでよろしくお願いします。

42xcW.jpg


この度、レミオロメン(Vocal/Guitar)藤巻亮太が、
ソロ名義で新曲「光をあつめて」をリリースすることが決定致しましたので、ご報告
させて頂きます。

今年3月11日の東日本大震災後、現地での炊き出しやボランティア活動にも参加し、
ひたすら音楽と向き合い続けることで完成した「光をあつめて」。
誰もが未来や心に光を必要としている時代、小さくても、一人一人があつめた光を誰
かとわけあっていけたら…という繋がりをテーマにした楽曲です。

ap bank Fund for Japanの活動の一つ、
被災地の学校を中心にライブを行う“歌の炊き出し”では、これまでずっと歌い続けて
きた「光をあつめて」が、
ソロデビューシングルとして2012年2月29日(水)リリースが決定致しました。
1月12日(木)には先行配信もスタート致します。
今後の、藤巻亮太の活動にご注目ください。

どうぞ宜しくお願い致します。

◎藤巻亮太からのコメント

去年バンド結成10周年の節目を迎え、11年目の春、震災の大きな衝撃とともに、2011年は音楽について深く考える年になりました。
そしてそれは自分自身、一人のシンガーソングライターとしての自覚の目覚めになりました。
一番最初に曲を作った時、心に光が差し込んだ感触。
そして音楽を続けていく中で、音楽の光を多くの人と共有できた喜び。
もう一度、新たな気持ちで音楽と向き合いたいという想いから「光をあつめて」という曲が生まれました。
バンドでしか描けない世界観があります、そしてソロでこそ描ける世界観もあります。
お互いがお互いにいい影響を及ぼし合って、音楽の更なる高みへ昇っていけたらと思っています。
バンドでの活動はお待たせすることになりますが、応援して頂いたみなさんへの感謝の想いを胸に、ソロ活動の第一歩を踏み出したいと思います。
(以上、Webより引用)

 
 しかも、デビュー11周年の日に発表がありました。シングルは、昨年7月にリリースした「立つんだジョー」を最後にリリースがなく、(Your SongはCDブックとして扱われた為、シングル扱いなし)ライブアルバムをリリースしたきりで、東日本大震災でのチャリティーライブ以外は特に目立った活動やメディア出演もありませんでした。特に今年は東日本大震災の炊き出し等のボランティア活動が中心の年となりました。時期からみて、4年前にスキマスイッチの卓弥君がソロ活動の発表した事を思い出しました。その時も「スキマスイッチはどうなってしまうんだ」という不安ばかりが募りましたが、今回も同じです。レミオロメンとしては活動休止の発表はないが、来年は事実上活動休止の1年となりそうです。スキマスイッチもソロ活動を得て、グレードアップして再始動した訳だし、レミオロメンもどんな形で戻ってくるかに期待もしてます。夏にはコブクロも活動休止してしまい、好きなグループの活動休止が相次いでいますが、一日でも早い復帰を祈ってます。
 

コブクロが本日行われた札幌のライブで半年ほどの活動休止の発表がありました。
小渕さんは、昨年末から喉の不調が続いており、黒田さんも持病の腰痛が悪化してしまい、ライブやレコーディングが続けられない状況となってしまった為、約半年間の休業を余儀なくされました。
今年でデビュー10周年という節目の年にこういう結果となってしまったのがとても残念です。
ベストアルバムが300万枚を超えるセールスとなり、’97年にはレコード大賞も受賞し、大物アーチストに成長した矢先の悲劇となってしまいました。ただでさえも音楽業界が今ひとつパッとしない状況の中、彼らの不在は非常に大きいです。
とにかく一日でも早い回復と復帰を祈るしかないです。じっくり休養して下さい。

B'zの「don't wanna lie」が今週付けのオリコンシングルチャートで1位となりました。これで、B'zのシングルのチャート1位は、「太陽のkomach angel」から、20年以上に渡って45作連続となり、連続首位の記録を更新しました。
今回の首位争いは、日本中の邦楽ファンが注目した。5月25日に発売されたAKB48の「everydayカチューシャ」が先日行なわれたAKB総選挙の投票券が封入されてた為、何十枚も大量購入した人が出て、初日で130万枚を超えてしまった。中には5500枚も買うというツワモノも出て、ネットやニュースにも話題となった。そして、1996年に発売されたMr.Childrenの「名もなき詩」の初動記録を上回る記録となり、ミスチルファンのみならず、日本全国の邦楽ファンから非難や批判の嵐となった。それでもAKBの勢いはおさまらす、翌週も連続1位になるかもと報道された。その時、B'zの新曲の発売日と重なってしまい、20年以上続いた連続首位記録更新に赤信号が灯ります。前作の「さよなら傷だらけの日々よ」の初動が13万枚と伸び悩んだ為、このペースだとAKBがB'zの売り上げを上回るだろうと報じられました。よっぽどAKBに記録を止められるのが嫌だったのか、ビーイングは、対抗策として、初回盤と通常盤の両方を購入した人に、未発表曲の音源のCDを応募者全員にプレゼントするという特典を付けた。しかも、発表されたのが発売日当日で、応募締切が発売日の5日後となっていた為、多くのファンが買いに走りました。締切前の駆け込み購入が多数出た為、通常盤が、どのショップも品薄状態となり、入荷待ちとなった。その為か、応募締切を一週間延長させました。特典効果と、今回はB'zの記録ストップに危機感感じたライトファンも多数購入された事もあり、15万枚と前回の初動売り上げを上回る記録となり、1位を死守しました。
何とか1位にはなったものの、何だか素直に喜べない。売り方が売り方だっただけに。「売り方が姑息すぎる」「やってる事がAKBと同じ」と、ファンからも批判の嵐だった。ビーイングは、ランキングにこだわる会社なので、こういった事は日常的である。でも、今回の件はビーイング始まって依頼の大汚点となってしまった。日本を代表する大物アーチストの風格を疑う行為である。10数年前とは違ってCDが売れなくなり、初回盤と通常盤の2種売りなんて当たり前の時代である。B'zの特典商法なんて今に始まった話じゃない。ベスト盤にジグソーパズルやブックレットやトレカを付けた事もあった。今回は、1人で複数枚数買わせる魂胆があまりにも露骨すぎた為、アンチのみならず、ファンからも批判される結果となってしまった。こんな姑息な手段を使わないと売れないなんて、ちょっと情けなくなった。今回の商法は、日本の音楽界の崩壊の危機を警告してる風に感じた。
B'zは、コアファンも多いし、そんな事しなくても売れますよ。私もファンの一人として売り上げに協力させて頂きました。ただし、一枚しか買わないが。

4月29日、Zepp Osakaに行ってまいりました。
私にとっては5年ぶりのZepp Osakaです。5年前に行った時は、朝から雨模様で、傘さしながら会場の外で並んでて、物販も会場内でした。今回は、前日の大荒れの天気が嘘の様にいい天気で、昼間は汗ばむ位の陽気でした。いつもなら仕事早めに切り上げて、家で夫の夕食準備してから行くか、職場から直行だったので、開園ギリギリに会場に到着する事が多かったが、この日は休日で夫も仕事だったので、昼過ぎに自宅を出て会場に到着したのが2時過ぎでした。到着したら既に50人位のデラクサーが待機していました。
3時からグッズ販売の為に早めに並んでました。だんだんと列が長くなり、待つ事一時間、ようやく開門しました。物販前に並んでて、あと一人で自分の番だと思ったら、何と私の前に並んでいた人が、「トレカ166枚!!」と言ってて、一瞬耳を疑いました。マジすごい!!他のグッズも買ってて、とてつもない金額になってました。あまりにも数が多いから、別場所でカードをお渡しという事になり、ファンクラブブース前で箱ごと手渡しされてました。
ようやく自分の番が来て、缶バッジとストラップとトレカ7枚を買いました。最初は10枚買う予定でしたが、ダブリが出た時の事を考えて、デラクサーさんと交換したから改めて買うつもりだったので、端数になってしまいました。
グッズを買った後は、ファンクラブブースへ行き、チケットにハンコを押してもらい、記念品を頂きました。
開演まであと1時間以上時間もあるし、とりあえず何か食べようとレストランに入りました。店内BGMは、スキマオンリーです。曲順から見てグレイティストヒッツかな?
オムライスを注文し、カウンター席で料理が来るのを待ちながら、トレカをチェックしてたら一組だけダブリが出ました。
そして、Twitterのフォロワーさんと合流。トレカを見せ合いっこして、ダブった分を交換して下さりました。初対面なのに、スキマの話をいっぱいしました。私は、周りにスキマファンがいないので、こんなにスキマ話が出来たのは、生まれて初めてでした。フォロワーさんのお話によると、UKさんも来られてたそうです。もう少し遅く来てたら遭遇してたかも?「持つべきものは友」と言いますが、Twitterやってて本当によかったと思いました。ライブはいつも一人参加が多く、心細い思いをしてたので。レストランで話をした後、外に出て、別のフォロワーさんたちと何人かと合流し、またまたカードの見せ合いっこです。中には優しいデラクサーさんがカードを売って下さったおかげで、9種類揃い、あと1枚でコンプリートとなりました。デラクサーさんの優しさに改めて感動。そして、会場が開門しました。私もフォロワーさんも整理番号が最後の方だったので、ギリギリまで、スキマ話に花を咲かせていました。ようやく自分の番号が呼ばれ、会場入りする事に。バッグからチケットと免許証とブラックカードと継続特典を出して、係員に見せ、会場に入りました。番号が最後の方だから、前の方は無理だろうと思って慌てていませんでした。ロッカーに荷物を入れ、入場したら、後方まで人が溢れていました。よく見たら、端っこが比較的人が少なめだったので、一旦ロビーに出て、左端の入り口から入場し直し。結構真ん中より前の方まで行けました。ここなら、お二人の姿も十分見える位置でした。Zeppは、なんばハッチと違ってバーがあるから、人と人の空間が空いてて窮屈感も比較的少ないです。客電が落ち、アナウンスが流れ、ここからライブが始まります。

Vol.2へ続く

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
スカーred
性別:
女性
職業:
フリーター
趣味:
音楽、パソコン、ショッピング、機械いじり
自己紹介:
とにかく音楽とパソコンが生きがいです。
最近、Twitterも始めました。
(@guaranared)
関西のフリーイベントには多数参加。
FM802リスナー

好きなアーチスト

スキマスイッチ
レミオロメン
コブクロ
秦基博
Mr.children

AMAZON
TOYOTA
最新コメント
[01/15 aki]
[05/12 パピコ]
[05/08 yukku-hime]
[05/08 ほの]
[05/07 sato]
スキマスイッチ
福耳 DANCE BABY DANCE/夏はこれからだ!」
10th Anniversary Songs~Tribute to COIL~
ブログ内検索
アーカイブ
バーコード

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ 赤い日記帳 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]