忍者ブログ
ADMINWRITE
音楽(特にスキマスイッチ中心)や、日常の事など色々語るブログです。
[465]  [464]  [463]  [462]  [461]  [460]  [459]  [458]  [457]  [456]  [455
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ファンクラブイベントツアーV.I.P.Vol2も先月の渋谷AXでの公演を終えて一段落し、残すは近々発表される仙台の振替公演のみとなりました。
4月の横浜ブリッツからスタートし、5月の渋谷AXと仙台を除く10公演が終了したが、ファイナル(?)の渋谷公演では、非常に後味の悪いライブとなってしまった。この日は台風の影響で全国的に暴風雨という荒れ模様で傘をさして歩いても濡れる位の悪天候でした。そんな中、ファイナルの渋谷AXは多数の人が会場の外で待機していたが、雨の影響で人員整理がうまくいかず、開演が30分遅れてしまいました。渋谷AXに行ったTwitterのフォロワーさんの話によると、整理番号が後ろの人は、会場入りしたら既にドア付近まで人が溢れてて、ドアが閉められない状態になり、中に入れてもらえず最初の曲は外で聞かされる人も何人かいたそうです。中は中で、キャパ以上に人を入れ込んだ為、満員電車並みのすし詰め状態で身動きもとれない状態だったそうで、中には体調が悪くなり、10分足らずで退場する人も少なくなかったそうです。同じチケット代を払って、会場に入れないなんて言語道断である。荷物や傘をロッカーに預けず会場に持ち込んだ人にも責任はある。大きな荷物や傘はロッカーに預けるのが常識である。でも、今回はキャパ以上に人数を増やしたのが一番の原因で、荷物を預ける預けない以前の問題である。渋谷AXのみならず、他の会場でもキャパオーバーしてた所が多数あったという話も聞いてます。私が参加した大阪は、キャパをきっちり守ってたので、ギュウギュウ詰めで苦しい事なんてなかったです。ダブルスみたいに歌だけのライブだったら、まだしも、トーク中心のイベントで3時間立ちっぱなしは、かなりキツイのであります。しかも、後ろの列の人はスキマの姿が全く見えなかったという苦情も多数出てます。これだけのキャパオーバーをしざるを得なくなった最大の原因は、やはりお友達チケットではないかと思います。
第1回目のV.I.P.は、東名阪3か所のみの開催で、チケットはお一人につき一枚一か所のみの申し込みだったが、平日開催だったせいもあり、人数が集まらず、名古屋は二次受付まで出た位です。今回は、全国10か所での開催で、土日祝日開催でチケットは1人2枚までで何か所でも申し込めるシステムとなりました。前回と違って、休日だから多数の遠征する方も見込まれるし、会員以外も入場できるのだから、応募が殺到するのは当たり前です。しかも本会員が申し込んだ箇所全部落選した方も少なくありませんでした。デラBBSも不平不満が殺到しています。私は、そうなって当たり前だと思います。大体、本会員が落選したり、後ろの方の席なのに、会員以外が良席だなんて、誰が聞いても納得いきません。もし、お友達チケットがなければ、渋谷AXの様な悲劇も起きなかったし、デラBBSもあんなに荒れる事もなかったでしょう。BBSを見て、本当に胸が痛みます。あと何年かしたら、Vol.3も開催されるが、その時は、Vol.1みたいに会員限定でやってほしいと思います。近々、仙台の振替公演の発表もあるが、1人でも多くの東北デラクサーが参加出来る為にもお友達チケットはやめてほしいです。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
スカーred
性別:
女性
職業:
フリーター
趣味:
音楽、パソコン、ショッピング、機械いじり
自己紹介:
とにかく音楽とパソコンが生きがいです。
最近、Twitterも始めました。
(@guaranared)
関西のフリーイベントには多数参加。
FM802リスナー

好きなアーチスト

スキマスイッチ
レミオロメン
コブクロ
秦基博
Mr.children

AMAZON
TOYOTA
最新コメント
[01/15 aki]
[05/12 パピコ]
[05/08 yukku-hime]
[05/08 ほの]
[05/07 sato]
スキマスイッチ
福耳 DANCE BABY DANCE/夏はこれからだ!」
10th Anniversary Songs~Tribute to COIL~
ブログ内検索
アーカイブ
バーコード

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ 赤い日記帳 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]