忍者ブログ
ADMINWRITE
音楽(特にスキマスイッチ中心)や、日常の事など色々語るブログです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

更新が3か月以上も遅れてすみません。
離婚後初のスキマライブとなったDAJのレポを挙げていきます。
私にとって初のツアー複数参戦となりました。まず、12月11日の神戸国際会館のライブから。
 私自身、Tour’07夕風トラベル以来5年ぶりの神戸国際会館です。
昼間、用事があったから、自宅を出るのが5時前になってしまい、会場に着いた時は開演10分前でした。この日のご当地甲子園ストラップも売り切れて入手できず。グッズ売り場には長蛇の列が出来てて、今から並んでも開演までには間に合わないと係員に言われた為、ライブ終了後に買う事に。そしてそのままホール内へ。



今年で35回目のお誕生日を迎えたシンタ君。
ついにアラフォーに突入しました。
今年はデビュー10周年となりましたが、どんなスキマスイッチの音楽になるのかが楽しみです。
DAJも残りも少なくなってきました。
3月31日の沖縄公演が全国の映画館で生中継されるという嬉しい企画を立ててくれてありがとうございます。
当日は一緒にファイナルをリアルタイムで楽しみたいと思います。
より一層幸せな一年であります様に!


去る1月27日、大阪城公園の特設広場(城天)でTHE BAWDIESのフリーライブに行ってきました。
週末から大寒波に見舞われ、小雪がチラついてたが、ライブが始まる頃には天気も回復しました。
城天の通路は柵が張っており、特設ステージがありました。
待つこと一時間、MUSIC EDGEの公開収録って事でまずステージにUKさんとジョンさんが登場。ここで観客のみなさんに質問が。どこから来ました?という事で、大阪や兵庫などの近畿圏が大半を占める中、広島や九州、北は北海道から遠征して来られたお客様もいてて、司会のお二人は驚いた様子でした。トークタイムが終わり、「THE BAWDIESの登場です!!」の一言で「SOUL MAN」がバックに流れ、BAWDIESの4人がステージに登場。そしてライブが始まります。
セットリストは下記の通りです。

1.IT'S TOO LATE
2.ROCK ME BABY
3.SING YOUR SONG
4.LEMONADE
5.1-2-3
6.HOTDOG
アンコール
7.KEEP ON ROCKIN’

1曲目からモッシュ&ジャンピングの嵐でモミクチャ状態に。2曲目でRoyのマイクが途中で入らなくなるという音声トラブルが発生!!それを支える様にファン全員で大合唱となりました。
MCではツアーのお話になり、「ファイナルはすぐ近くのあそこ(大阪城ホールを指さし)でライブをやる事が決定しました!」との一言に大歓声が。なぜファイナルを大阪にしたのかをRoyさんはインディーズ時代に大阪で初めてライブをやったときにお客さんの反応が悪く、ライブは自分をさらけ出してやるものだと実感しました、大阪の観客にライブの楽しみ方を教えてもらったって事を話してしました。彼らにとって大阪に思い入れが強いって事がわかりました。6曲目で大盛り上がりの後、ステージを履けようとしたらアンコールの嵐が!!「もしかして、ロックンロールがまだ足りないか?(お客さんの反応に)わかった!もう少しやります!」の声にアンコール曲がスタート!!「ありがとう!!またあそこ(大阪城ホール)で会いましょう!!」の一言で4人はステージを去りました。これでフリーライブは終了です。そして余韻が残る中、UKさんとジョンさんが再びステージに登場。「Bawdiesのライブ、楽しんでいただけましたでしょうか?」の声に大声援が上がります。そしてこの模様は2月4日のMUSIC EDGEで放送されると予告。関西地区限定放送って事でもあってYoutubeのUPしないでくださいとの事でした。
「人間いろんな感情がありますよね。悲しいこと、嬉しいこと、悔しいこと・・・そんなどうしようもなく表に出てしまったこの感情の爆発こそがロックンロールなんですよ」はROYさんの名セリフになりそうです。ここ数年邦楽のヒットチャートはアイドルやアニソンに押され気味ですが、そろそろ邦ロックが見直されていいんじゃないかと思います。このライブをきっかけに彼らが大ブレイクしてくれる事を祈ります。

2013年がやってきました。 私にとっては離婚してから初めて迎えた年末年始でした。お正月は豊中市内の実家にてゆっくりと骨休めをさせて頂きました。 昨年は、離婚後にライブの回数が一気に増え、DAJも大阪、神戸と初の複数公演参加も実現し、会場では沢山のお友達も出来て、昨年、一昨年とは対照的な楽しい年末となりました。 今はまだ仕事をしてないが、今月から再就職活動も本格化し、一日でも早く再就職出来る様になりたいです。 それと今年の目標は、スキマライブを去年の倍以上参加する事と、秦君のワンマンにも参加する事と、オーガスタキャンプに行く事です。遠征するには多額のお金が必要です。そのためにはまず職に就く事が何よりもの先決です。 それと、疎遠になっていた友人とも連絡を取って、会ってみたいな。今年はまさにゼロからのスタートの年でもあります。再婚はまだまだ考えていないけど、色んな恋もしてみたいし。 そんな生まれ変わった私をよろしくお願いします。
8月から休止していたブログを今回再開する事になりました。
Twitterで以前にお知らせしましたが、実は9月に今の夫と離婚しましてゼロからのスタートとなりました。9月に別居し、新しい住まいも見つかり、10月に長年過ごした豊中市も離れて府内某所に引っ越ししました。離婚に伴い以前に働いてた職場も辞めてしまい、現在失業状態です。なけなしの貯金とわずかな退職金と両親からの仕送りで何とか生計を立ててますが、一日でも早い再就職目指して就活中です。年明けには新しい仕事が見つかるようになりたいです。
仕事を辞めたのと、夫に手がかからなくなって自分の時間が増えた分、ライブやイベントに参加する回数が以前よりもぐんと増えました。スキマスイッチのDAJも大阪と神戸の2ヵ所参加することになり、離婚前よりも充実した生活です。地方の遠征は難しいが、関西で行われるスキマライブは制覇したいです。やはり目標はスキマスイッチ10周年yearとなる来年のオーガスタキャンプに参加する事です。スキマスイッチのみならず、秦基博君のライブにも行きたいです。
とにかく落ち着いたので、時間があれば、こちらの方も更新していこうかと思います。ライブレポ中心となりそうですが。最近lineも始めました。
改めてよろしくお願いします。
私のブログをご愛読して下さり、ありがとうございます。 突然で申し訳ございませんが、ブログの更新をしばらくの間、休止させて頂きます。 ここ最近、Twitterとの両立が難しくなってしまい、なかなか更新できず、みなさんにご迷惑をかけてしまっているのが現状です。 いつか必ず再開します。 尚、Twitterとmixiはこれまで通り継続しますので、そちらの方で絡んで下さい。 Twitter IDは@guaranared、mixiはredで登録しています。 再開のメドが立ちましたらまたお知らせ致します。では、お元気で。
去る、6月15日、梅田のビルボードライブ大阪にて、音楽のチカラスペシャルライブに行ってまいりました。
今回は時間と金銭的な都合で第一部のみの参加となりましたが、とても素晴らしいライブでした。
遅くなりましたが、ここでレポさせて頂きます。(ライブから1か月以上経過してるので、記憶の範囲です)
(画像はイメージです)

会場に到着したら、中はテーブルと椅子席となっており、食事も出来る状態です。開演ギリギリの到着だった為、後ろの方の席でしたが、ステージの様子がハッキリと見える位近い距離です。

客電が落ち、ライブのスタートです。
イベントのトップバッターは元ちとせさん。
ステージの右側にある通路からサポートメンバーと共に入場の所が、メンバーの中にシンタ君がいるじゃないですか!サポートメンバーは、ベースの沖山さん、パーカッションの高橋結衣子さん、ギターのラーメンさんの3人のアコースティック体制です。「今日は一人では不安なので、この方に来てもらいました」という事でシンタ君がピアノで参加です。
まず1曲目はシンタ君がピアノで参加した「青のレクイエム」です。この曲を歌い終えた後、シンタ君はステージから捌けます。続いて2曲歌い、(スミマセン、この2曲はタイトルがわからず、ブログで調査したが、結局不明のままです)ラストはデビュー曲の「ワダツミの木」です。全身を使っての渾身の熱唱でした。これでちとせさんの出番は終了です。



2組目はさかいゆうさんです。
まず1曲目は、洋楽?と思ったら、2ndアルバム収録曲のJammin’でした。まだアルバムを買ってなかった私にとっては衝撃的でした。そして2曲目はこれも2ndアルバムから「How Beautiful」と英語歌詞の曲が2曲続きました。
ここで、ゆうさんがピアノに置いてあったペットボトルのお茶を飲みながら「これはオシッコじゃありませんよ」の一言に会場は大爆笑の嵐となりました。そしてデビュー曲を歌いますって事で「ストーリー」へ。会場から手拍子がおきます。
ストーリーを歌い終わると、「この曲は亡くなった友人を忍んだ曲です」と。ここでトレードマークの帽子を脱ぎます。次は何の曲を歌うかがすぐに分かりました。ラストは「君と僕との挽歌」です。白熱した会場が一気にシーンとなりました。
これでさかいゆうさんの出番は終了です。後はトリのみとなりました。

6ab1a79f.jpeg

このライブのトリを飾るのは、お待たせしました、スキマスイッチの登場です。
ステージ右側の通路から出てきた時は、割れんばかりの声援が響き渡りました。「何だかやりにくいですね」と卓弥君。そんな中、1曲目は「アイスクリームシンドローム」。「今日は、ゆったりとした曲が中心です」と、2曲目「晴ときどき曇」を歌います。そしてここでMCに。「みなさん、(お酒を)飲んでいますか?」と卓弥君。「飲んでへべれけに酔っぱらってくれた方がこっちもやりやすいんだけど」にお客様は大爆笑。「ここは食事も出来ますからね。実は僕たち何も食べてないんですよ」と。何という残酷な。そんなグダグダMCが続く中、3曲目の「さみしくとも明日を待つ」へ。ダブルスの時よりも控えめの演奏でした。「ここで盛り上がる曲いきましょう!」と一言で4曲目の「ガラナ」へ。(第二部は「全力少年でした)ここで座ってたお客様が一気に立ち上がります。「お客様が立った!!」と卓弥君も驚いていました。そしてここでサポートメンバーのメンバー紹介をした後、3人は一旦ステージを捌け、スキマスイッチの二人だけが残りました。これはひょっとして二人スキマか?と予想しました。「ここで新曲を歌います。この曲はMusiumのラストに入れる予定でしたが、大切にとっておいて、シングルとして発売されます」のMCの後、二人だけのラストシーンです。しかもライブ初披露です。普段はラジオ音源しか聞いた事なかったが、ピアノとボーカルだけのラストシーンは鳥肌モンでした。見渡せば、多数のお客様が泣いていました。ラストシーンを歌い終え、スキマスイッチのお二人は一旦ステージを捌けます。

88bca14b.jpeg

ラストシーンの余韻で会場は静まり返っていたが、ここでスタッフが拍手を煽ります。後はアンコールのラストセッションを待つのみとなりました。
約5分後、メンバー全員がステージに再登場。ここで、福耳の新曲をスペシャルバージョンでやりますとの事で、「Love&Live Letter」をスキマスイッチ、元ちとせさん、さかいゆうさんだけで歌ってくれました。ソロのパートの振り分けは、秦君、2コーラス目の山さんのパートをさかいゆうさんが、Coilサダさん、長澤君、ブリッジの山さんのパートを卓弥君が、杏子さんのパートをちとせさんが歌っていました。ラストはお客様にマイクを向けて大合唱となりました。
これでライブは終了です。1時間45分と短かったけど、内容の濃いライブとなりました。会場が狭かったのでお客様との一体感があるのがよかったです。

c3583365.jpeg

帰りに売店で福耳のCDを買いました。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
スカーred
性別:
女性
職業:
フリーター
趣味:
音楽、パソコン、ショッピング、機械いじり
自己紹介:
とにかく音楽とパソコンが生きがいです。
最近、Twitterも始めました。
(@guaranared)
関西のフリーイベントには多数参加。
FM802リスナー

好きなアーチスト

スキマスイッチ
レミオロメン
コブクロ
秦基博
Mr.children

AMAZON
TOYOTA
最新コメント
[01/15 aki]
[05/12 パピコ]
[05/08 yukku-hime]
[05/08 ほの]
[05/07 sato]
スキマスイッチ
福耳 DANCE BABY DANCE/夏はこれからだ!」
10th Anniversary Songs~Tribute to COIL~
ブログ内検索
アーカイブ
バーコード

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ 赤い日記帳 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]